このラインを辿って行けば、きっとまた、あの景色に出会える。
マイネームイズ


最近は漫画のネームをちょこちょこと練っております。
漫画を描いていると生きている実感がします。
疲れてくると糖分が欲しくなりますね。
ああ……チョコパイが欲しい……。




ジャンル:アニメ・コミック テーマ:創作・オリジナル

2017⁄06⁄26(Mon) 22:59   未分類 | Comment(1) | Trackback(0) | ↑Top
牡丹の花


牡丹の花が揺れている

あの頃と同じように綯い交ぜにしながら
行方知らずのナイフを未だ探している


「いつまでも少年みたいな顔をしてるんだね」

彼女は少し笑ってローファーの踵をコツンと鳴らした

冬を越えた空気がそっと俺の頬を撫でて彼方へと走り去る
一握の冷たさを残しながら



少年を連れた俺の影に名も知れぬ虫が一匹止まっている

思い出すのは嘲笑っていたあいつらの顔


無くなった筈の思いも侵食された感情も本当は消えやしない

残酷な程色鮮やかに

もう一度浮かび上がる時を彼らは実は待っている

隠し持ったナイフを懐に携えて

再び切り刻む時を待ち侘びて



牡丹の花が揺れている

あの頃と同じように綯い交ぜにしながら
行方知らずのナイフを未だに探している


答えは無くとも行かなければならない

研ぎ澄ます物をもう一つ別に用意してでも


牡丹が赤く揺れている

牡丹が赤く揺れている

彼らを切り刻む術を幾億と数えて

花びらが一つまた一つ静かに

ゆっくりと



「いつまでも少年みたいな顔をしていたいんだ」

少年は笑って懐にナイフを忍ばせた






ジャンル:アニメ・コミック テーマ:創作・オリジナル

2017⁄04⁄22(Sat) 23:37   未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
のらねこのバラッド


近所の野良猫を見かけなくなって、三週間程が経った。


陽射しは暖かく、風も柔らかで、マフラーも既に外した。

いるのかいないのか。
いても何も言わずじっと俺のことを見つめていた。
いなくてもどこからか鳴き声が聞こえ、いつの間にか所定の位置に佇み毛繕いを始めていた。

野良には野良のプライドがあって、それは神聖で誰も侵すことの出来ない領域。
一瞬触れ合えたとしても、決して一つには交わらない。


風が凪いで、僕の後方から女の子の声が聞こえた。

「ネコちゃんいないね」
「どうしたのかなあ」


冬が終わったから、どこかへ行ったのだろうか。
冬が去ったので、何処かへ行ったのだろう。

ipodからはAshの『EVIL EYE』が流れている。

春はただそこにいる。






ジャンル:アニメ・コミック テーマ:創作・オリジナル

2017⁄03⁄20(Mon) 20:00   未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
映画体験2016


最近よく映画を観るのですが、昨年観た中で印象に残っている映画作品は
「ナイトオンザプラネット」「汚れた血」「ミザリー」「バスケットケース」「CUBE」「バタフライエフェクト」「プロフェシー」「女優霊」「花とアリス」「どこまでもいこう」「岸部町奇談~探訪編~」です。

「バスケットケース」はジャンルで見ればホラーですが、ユーモアがあったり切なさもあったりと、あまり見たことのないような作品でした。
「CUBE」と「バタフライエフェクト」は日本のマンガやアニメ、ゲームに多大な影響を与えた部分が見えて面白かったです。
逆に日本のそういった作品に影響を受けて作られたのかもしれませんが。




ジャンル:アニメ・コミック テーマ:創作・オリジナル

2017⁄01⁄20(Fri) 20:11   未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top
2017年の輪郭


新年明けましておめでとうございます。
今年も楽しめることを増やしていけるような、そんな一年にしたいと思います。
よろしくお願いします。




ジャンル:アニメ・コミック テーマ:創作・オリジナル

2017⁄01⁄11(Wed) 22:18   未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top

| HOME | next >>

プロフィール

ヨウヘイ

Author:ヨウヘイ
オリジナル漫画描いてます。

pixiv

web拍手

FC2カウンター

ブログ内の記憶を辿る

その他諸々

にほんブログ村 イラストブログ CGイラストへ
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
happybusy -時間のないサイト運営者リングへ
QRコード

QRコード

↑Top



Copyright © 2017 輪郭線を辿る. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige